「ね、、未槻ちゃん―」


由美が口を開いた


「なに??」

あたしは内申少し怯えながら答えた

由美はやはりいつもと違う


「高橋と・・・ほんとになにもないの?」


なぜかその言葉が、心に深々と刺さった


「あんな奴となんかあるわけないじゃん!!」

はき捨てるようにゆった


「じゃぁなんでいつも一緒なの?

 あたしみちゃったんだよ、高橋がばっくれたときに未槻ちゃんと一緒にいたのも

 未槻ちゃんが高橋の家に入ってくのも、全部 」


「それはあいつが勝手に―」


「もういい 」

あたしの言葉をさえぎるかのように

由美がゆった


「あたしはね、小さい頃からずっと淳が好きなのよ。
 淳とは親同士も仲いいし、あたしは淳のこと1番知ってる自信があるわ。
 なのにあなた何様のつもり??淳のなにも知ってるの??」


由美の目から、微かに雫がこぼれていた






「―あたしにとって高橋は、本当になんともない存在、、だよ。」



あたしはただそれだけを残して

その場を去った


それしか、できなかった

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー