あっという間に1日は終わった

「淳、また後でね」

由美は高橋にそう言うと

教室を後にした


だめだ、あたし

高橋のこと意識しすぎてる



「未槻ちゃん」

「・・何?」

高橋が黙ってあたしを見ている


「・・いや、ばいばい」

「ばいばい」

高橋が教室をでる

あたしは黙って、窓の外を見ていた


「俺は未槻ちゃんが好きだよ」

高橋の言葉が

頭の中で何度もループする





「あたしも 好きだよ」



誰もいない教室で

微かにそうつぶやいた


広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー