「あっ、輪島さん」

教室の入り口の前に、先生が立っていた

おそらく担任やろう

「私が担任の野中千紗です よろしくね」

「はーい」

あたしが返事をすると

先生がドアを開けた

「先生!!その子転校生なんっ!?」

いかにもリーダー格というような感じの女子が声を あげた

「そうやよ 輪島さん、自己紹介してもらえる?? 」

「あーはぁ えっと、輪島未槻です 月代高校から きました よろしくおねがいしまっす―」

「可愛いーーーーーーーーー!!!!」

教室中から そんな声がとんだ

あたしは少しうろたえた

「じゃぁ、輪島さんそこ座ってね」

先生が指差した席へ向かう

そこには、信じられない奴がいた

「おーさっきぶりですねぇ、未槻ちゃんッ」

そいつはまた笑顔でゆった

そう、紛れもなくそこにいたのは

さっき大木で会った奴だった

「俺、高橋淳 淳でええよ^^」

「誰が淳なんか呼ぶか たかはしぃー」

あたしはそいつにゆった

クスクスっ

また、高橋が笑った

「なにあんた、いつもいつも笑うけど、何がそんな におもしろいん?」

「・・別にぃー」

なんだろう、一瞬

高橋の顔が曇った気がした

「じゃぁSTはじめます 委員長」

「起立ッ」

こうして、あたしの新たな高校生活が 幕を開けた
広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー