「未ッ槻ちゃぁ〜ん 一緒に話そうよぉ」

女の子が集団で話しかけてくる

その中でもやはり目立つのが

最初に声をあげたリーダー格の子

「あ、あたしはねぇー澤田由美ってゆうのぉ 由美 って呼んでね」

「うん、よろしくね」

あたしは笑顔で答えた

「未槻ちゃん、部活とか何するん?」

「え?あぁ・・・一応前の学校もそうやったから野 球部のマネでもしよっかなぁーっと―」

「じゃぁ、部活行っても高橋と一緒だね;
 高橋とどうゆう関係なの??」

(げ、あいつ野球部かよ・・)

「別に、あっちが勝手になれなれしくしてくるだけ で―」

キーンコーンカーンコーン・・

「はい席ついてー」

「あ、じゃぁまた後で話そうね!!」

「あぁ、うん」

みんなは席についた

(高橋のことなんか、別に、なんとも・・・)

あたしは無意識のうちに、高橋のことを考えていた

(だいたいなんで初対面であんな慣れなれしいのよ )

「未槻ちゃん?どしたのぉ?そんな怖い顔して」

高橋が話しかけてくる

また、あのニコニコ顔だ

「べ、別に怖い顔なんかしてないからぁ!!」

「ふーん 転校早々悩みでもあんのかなぁ〜と」

「あんたと違って、あたしだって色々悩んでんだか らッ―」

そのあたしの言葉をさえぎるかのように

高橋が立ち上がった

「うるせぇ お前に俺のなにがわかんだよ」

「何、どしたの・・・?」

そのときの高橋の顔は

いつもの、あの笑顔なんかじゃなかった

「おい、高橋ッ」

先生の声なんか聞こえていないのだろう

高橋は教室を出て行った

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー