長いような短いような

転校初日が終わった

「未槻ちゃんッこの後暇??
 よかったら俺ん家で歓迎パーティでもどうよっ!?」

「はぁ?なんであんたと2人でパーティなんかしなきゃいけないわけ?」

「冷たいなぁ〜未槻ちゃんは」


やっぱり高橋は笑ってる

ついさっきのあの真剣な顔が

別人かと思うぐらいのにこやかな笑顔

「来いよ どうせ俺ん家夜まで誰もいないしさ」


「はぁ・・・」


高橋にゆわれるがまま

あたしは高橋の家へ向かった

「ふーん 結構綺麗な家住んでんじゃん」

「見かけによらねぇっての??」

「そうゆう意味じゃないけどさぁ・・・」


高橋の部屋へ案内された

こいつの顔から想像できる部屋だ

ほとんど家具はない

鉄製のベッド

銀色のテレビ

ラック・・・全てが銀色に統一されている

なんだか冷たい感じもした

「俺なんか食いもん探してくるわ
 くつろいどってぇ〜^^」

「うん・・・」

(なんで あたしこんなとこいるんだろ―)

よくよく考えたら非常識な話だ

初対面の男の部屋に上がりこむなんて

まして2人きりなんか・・・

「て、考えすぎかっ」


ガチャ


「ごめん、なんもねぇや;
 これ母さんが作ったクッキー・・・
 しけってるかもしれんけど食べて」


「しけってるかもしれんやつ食わすんかい」


「あ、、、未槻ちゃんが笑った」


「は??」


そういわれてみれば

こいつにまだ 笑顔を見せてなかった気がする


「そりゃあたしも人間なんやから・・・」

高橋はまだ笑ってる

・・というか笑いころげてる


「ちょっと、高橋ぃ??」


「いや、お前さ俺と会ったときも
 その後も ずっと元気なかったじゃん?
 だからなんか、おもーいもんでも背負ってんのかなって・・・」




「高橋・・・」



「ま、俺の考えすぎだったみてぇけどさぁー―」


そういうと高橋はクッキーをほおばった






「あのね、高橋」


「ん??」

クッキーをまだ口に含んだまま

高橋が答える




「あたし・・・」



「あたし、振られたの 大好きだった人に」


「未槻ちゃん??」

「5ヶ月ぐらい前だった―
 その人と、部活で・・・」



あたしは

重々しく話し始めた


広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー